オーダーシューズでオリジナルの靴を手に入れる

靴は一般的に0.5センチ刻みのサイズで展開されています。

その中から最適なサイズを選択するのですが、足の形は人によってそれぞれ異なりますので、完璧にフィットする靴を見つけることは難しいです。
スニーカーならある程度許容範囲が広いですが、革靴の場合は出来る限りフィット感を高めることが大切です。もし足に合う革靴が見つからない場合は、オーダーシューズを検討することも得策です。

オーダーシューズは大きく分けて、パターンオーダーとフルオーダーの二種類があります。

パターンオーダーはベースとなる木型が用意されていて、そこから好みのデザインや素材をなどを選択してサイズの合った靴を作り上げて行きます。



サイズは既製品と同じように縦の長さは0.5センチ刻みですが、オーダーシューズの場合は横の幅も選ぶことが出来ます。
日本人の足型は甲高幅広が特徴ですので、靴の横幅を選べることが嬉しいです。


しかしパターンオーダーはベースとなる木型が用意されていますので、足にフィットした靴を作り上げることよりも、好みのデザインの靴を手に入れられることの方がメリットが大きいです。

教えて!gooがとても人気であることがわかります。

一方、フルオーダーの靴は木型から作り出して行きますので、完璧に足にフィットした靴を手に入れることが出来ます。



ただし価格はかなり高額になってしまいます。
パターンオーダーでしたら3万円台から購入することが可能ですが、フルオーダーの場合は木型の製作代も含めると安くても20万円程度はかかってしまいます。